いざという時に保険で備える ○1

 健康で活力のみなぎっているようなときには、保険の加入の必要性がないようにすらおもってしまいかねません。 毎月支払うのなら、その分をもっと生活の負担のないようにしたいものですし、より有効に利用したいともおもうものです。 しかし身近な存在の中に病気になったり、場合によっては死亡するようなケースがあると、その時に突然多額の出費が必要になることがよくわかります。 残された家族にとっても経済的な負担が突然やってくるわけで、これまでと同等の暮らしぶりが続けられなくなるかもしれません。 まさかのことは誰にでも起こり得るものです。 不安を決して駆り立てるつもりはありませんが、万が一の時に備えておくことが人生の計画をすることの基本となります。 そのためにも保険の加入をしておきたいものです。 もちろん保険に加入することが今の生活を苦しくするようなことがあってはなりません。

ホームページ作成